saludos60のブログ

ついに60代になりました。いいことも悪いことも一日一日を楽しんで暮らしています。

やっぱりお盆だから。不思議なことが起きますね。

お盆と言うと、子供の頃、祖母が玄関で迎え火を焚いて、亡くなった祖先を迎え入れて

いた記憶があります。

ちゃんと、自分の家のかがり火を見つけて、帰ってくるんだよって。

 

f:id:saludos60:20210814141953j:plain

 

両親も、新盆の7月に毎年やっていました。キュウリやナスに割りばしをさして、馬を

作り、そうめんをその上に載せて、一緒にお供えをしていました。

 

 

 両親が亡くなってからは、お線香をあげて「お帰りなさい」と言うことぐらいに

なってしまいました。

仏壇も、今は小さなものになり、うちにはありません。

家が違うから、うちには帰っては来ないだろうけど、きっと覗きに来るんじゃないかな

っと、手を合わせています。

 

今朝の id:komakusa22 さんの記事。

本当に、そういうことはよくありますね。

全く不思議です。

 

 

komakusa22.hatenablog.com

 

やっぱり、魂は戻って来てるのかなと。

そう思うから、現れるのかなとも思いますが。

 

 

今朝、息子の話です。

 

 

昨日、少しやばかったよ。

スゴクいっぱい来てた。

夜の10時から11時くらいかな。

 

いきなり、今朝話し出したんです。

まず、部屋で、扇風機の風とは違う冷たい空気を感じたと。

ふあーーっと鳥肌が立ち、

 

あ、またあの感じだ。

 

しばらく続いたそうです。

大勢が、通り抜けていった感覚。

必ず部屋の北西側からやってきて、南の方に抜けていくと。

ただ、今回は感覚だけ。

しかも、自分にはかかわりのないような。

 

ハッとして、

ああ、そうか、お盆なんだ。

っと悟ったそうです。

 

そして、涼しかったので窓を閉めていたことを思い出したそうです。

そうそう、窓を閉めていたから、

 

よかったんだ~

 

開けていると、何かが入ってきて出ていくので、

より感覚的にはリアルで、嫌なんだとか。

 

1人暮らしをしていた時も、こういった経験が時々あったそうです。

どこまで信じていいかわかりませんが。。。

 

そういえば、西側のデッキあたりから、話し声が聞こえたことがありました。

男性二人?の声だった。

確か、お盆の時期。

誰かが、うちの近くを通り抜けていくのでしょうか。

 

 

f:id:saludos60:20210814143917j:plain


 

 息子の話で、一番リアルだったのは、母(彼にとっては祖母)が亡くなる数時間前に

エメラルドの大きな丸いものが、部屋を旋回して、自分のほうへ突進してきて、

自分の中を突き抜けたという話。

 

エメラルド色のきれいな玉が、突き抜けた。

そして消えた。

 

昔、自分の祖母が亡くなった数日後、風呂上りに通った夜中のキッチンで

似たようなものを見ました。緑色の玉が旋回して消えた。

 

 

 魂

スペイン語 alma(アルマ)

 

 

母と違い、父はいろいろいたずらをして、私たちに気づかせよう

何かのメッセージを、伝えようとしてるように思います。

まさに、生前の父らしい、っと納得することが多いです。

 

 

  

f:id:saludos60:20210814144308j:plain

 

キッチンが八百屋みたい。。。

早々と、胡瓜が終わってしまったのが残念です。

代わりに、ゴーヤを塩水で苦みを少しとって、サラダにしたらシャキシャキして美味し

かったです。

 

さて、今夜は、何かまた起こるでしょうか。

そっちの方が気になります(笑)

 

 

 

それでは、Saludos!!!

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村