saludos60のブログ

ついに60代になりました。いいことも悪いことも一日一日を楽しんで暮らしています。

サリーの耳鳴りの話2 -黒い訪問者

f:id:saludos60:20210620133116j:plain


青い空の小さな町。

耳鳴りがすると、何かが起こる、という、ある少女のお話です。

 

 

ああ頭が痛い!

サリーは、痛みで目が覚めました。ベッドから起き上がるのもやっと。

それでも、何とか支度をして、学校へ。今日はテストもあるのです。

バス停のそばに、杏子の木がありました。サリーは、この場所が好きでした。

いつも、一人ぼっちの時、この木の木陰でこっそり泣くこともありました。

 

ところが、今日は、それどころではなく、とても頭が痛かったのです。

スクールバスの、一番後ろの特等席に何とか腰を下ろしました。

みんな、大きなあくびをして、とても眠そうな顔をしています。

バスがガタガタ揺れ、今度はサリーの顔の右側で、耳鳴りが音を立て始めました。

 

ズン、ズン、ギー、ギー、ギー。

耳が、ちぎれるような音。

痛さを忘れようと、ふと、窓の外の景色を見ました。

いつもの景色。美しい森が広がっています。

 

f:id:saludos60:20210620133010j:plain

 

なにかな、あれ?

 

何か、見たこともない小さな生きものが、動いているのが見えました。

木の間に隠れながら、こちらの様子をうかがっているようにも見えます。

黒くて雪だるまのように丸くて、すばしっこい小さな動物にも見えました。

ただし、足も手もありません。自由に動く丸い形のもの。

 

いったいなに?だれ????

 

思わず声を出してしまい、隣の子がいぶかしそうにサリーを見てきました。

すると、耳元で、ささやくような声が。

 

ーやあ、やっときみを見つけることができたな。

 

とつぜん、

キーーーーーーン 右耳が破裂しそうに。

 

イターーーィ!

 

サリーは思わず目をつぶってしまいました。

 

 

一瞬の時間の闇が。

一瞬、ほんの一瞬です。

 

 

目を開けると、さっき見た黒い雪だるまが、サリーの横に座っています。

はじめは、びっくりしましたが、なぜかまったく怖くはありません。

黒い雪だるまは、優しそうな眼をしていたんです。

 

ーあなたは誰なの?

 

心の中でつぶやきました。

 

ーこわがらせて悪かったね。わたしは、ずっとずーと先、200年以上も、先の者だ。

ちょっと用事があってね、いろいろな時代をさかのぼっているんだ。

きみのようなエネルギーの光をだす、生き物を探している。

 

ーえ、私に?なんの御用なんですか?

わたしは、エネルギーなんか、持ってないですけど。。。

人違いではないですか?

 

ーいや、きみはちゃんとリストに載っているんだよ。

実は、少しわたしに、力を貸してほしいんだ。

 

そういうと、黒い雪だるまは、突然消えてしまいました。

その直後、またキーンキーンと耳鳴りが。

 

f:id:saludos60:20210620132825j:plain

 

スクールバスは、子供たちを乗せたまま、急カーブを曲がり、山を登っていきます。

いつもの道と違います。子供たちはみなスヤスヤと眠ってしまっています。

 

山をグングン登って、バスはついに頂上に停まりました。

窓の外には、さっきの黒い雪だるまが、立っていました。

 

ーまただ、また不思議なところに来てしまった。

 

サリーは、何がこれから起こるのかと、少し心配になっていました。

 

ーここは、我々の時代だよ。

 

頭の中に、声が聞こえてきました。

 

ーよく見てごらん。きみたちの時代とは全然違うだろ?

 

声は、すべて頭の中に聞こえてきます。

 

ー我々は、マインドと呼ばれる生き物なんだ。マインドはすべて心で会話する。

やはりきみには、通じるね。さ、きてごらん。

 

サリーは、黒いマインドと一緒に、山の頂に登っていきました。

見渡す景色は、一面、真っ赤です。

焼けたようなにおいも漂っています。

空も山も海も、みな赤い。

何で、こんなに赤いのかな。

赤い国。すべてが終わっている。

そんな風にもみえました。

いくつかの、マインドらしきものが、空間を飛び回っています。

あ、あそこ?

大好きな杏子の木があった野原。

サリーの家も、あのあたり。

とっくに燃えたのか、もうなにもありません。

 

ー実は、もう、悲しいけど限界なんだよ。

もはや、我々の時代は、終わりを迎えるだろうな。

大地も空気も汚れ、腐り、食べるものも住むところもない。

それに、競争や奪い合いで、あっちでもこっちでも戦いが起きて

みんな滅んでしまったんだ。

マインドは、人間が進化した生き物だが、生き残るために優しい心なんか

なくなっちまったんだろうな。

悲しい未来を、聞かせてしまったね。。。。

 

黒いマインドは、悲しそうにうつむいていました。

 

いよいよ、サリーの耳鳴りは、激しさを増してきました。

まるで、サリーの心臓の音のようにドクドクドクと。

空気は、変な毒素のようなにおいで、息をするのもやっとです。

 

ーこれ以上いると、きみには危険だから、もう戻った方がいいな。

 

 

パッと、目の前が真っ暗になり、気が付くとバスの席に座っていました。

黒いマインドは、隣に座っています。優しい目でじっとサリーをみつめていました。

 

ー今まで、我々の時代を救うために、過去の出来事を調べていたんだよ。

私が来たのは、そういうことなんだ。もう、最後の賭けなんだ。

 

ー悪い心が支配している、我々の時代を救えるのは、人間の尊い良い心なんだ。

だから良い心を我々に分けてもらいたいんだ。そして、この袋に入れて持って帰るつもりだ。

良い心は、減ることはないんだよ。増えるんだ。どんどん増える。

マインドに、もう一度、良い心を持たせたいんだ。優しい心を取り戻すために。

そうすれば、またいい時代が築けるかもしれないだろう?

 

黒いマインドは、大きな透明の袋を広げて見せてくれました。ほんの2~3こ、きらきらと輝く玉が、入っていました。

とても美しい玉でした。

 

ーこれから、良い心をたくさん集めにいくつもりだ。

きみには、良い心と、悪い心を見分ける力があるんだよ。

だから、力を貸してくれるかい?

 

ーはい、もちろん。

 

サリーは、そう呟いて、目を開けると、黒いマインドはもうそこにはいませんでした。

隣の席の女の子は、テスト用の本を静かに読んでいます。

 

ああ、今日、テストがあったんだ。

 

急に、思い出しました。

バスは、いつもの道を進んでいます。

子供たちは、いつもの通り、おしゃべりをしたり、本を読んだりしています。

 

では、なにを、どう始めたらいいんでしょう。

サリーには、何も、わかりませんが、なぜか大きくうなづいていました。

 

とても、不思議な体験でした。

サリーの耳鳴りは、すっかり治っています。

 

**************************************

 

フィクションです。

それでは、Saludos!!!

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村