saludos60のブログ

ついに60代になりました。いいことも悪いことも一日一日を楽しんで暮らしています。

やってくれたねえ。焦げ臭さでスウェ―デンを思い出す

昼過ぎに、掃除機をかけていると

何やら怪しいにおいが、、、、

 

こ、こ、焦げくさ!!!

 

 

 

外で、誰かが何か燃やしてるような臭い。

火事場のあとのような、、、

掃除機を止めて、クンクンやってみると

もっと身近!

くさ!

 

あれ、うちじゃん!

 

また、娘がオーブンで火を出したか???

 

saludos60.hatenablog.com

 

まじですか????

嫌な予感がして、キッチンへ駆け込むと。

 

やっぱり、娘が

 

ー焦げちゃったよーーー

 

っと、まな板で何やらガリガリ

焦げを落とそうとやってました。

みると、フライパンも黒い。。。。(泣)

 

パンケーキを焼いていたようです。

いつも焦げ目のがお好きで。

つい、目を離してしまったのか

とにかく焼きすぎで真っ黒け。

 

IHは、意外とパワーがあるから目を離すなって

いつも言ってるのに!!!

 

もう!!!

 

フライパンも使えるかどうか。。。

 

表面の黒焦げをはがして食べようとしていましたが

焦げくさくて無理だなと言うレベル。

 

ああ、あのフライパン。

小さめで、ちょうど使いやすかったやつなのに。

また探さなければなりません。

 

ああ、あの一件

この臭いで、夫と私は、あること思い出しました~

23年も前のこと。

その夏、夫の仕事を兼ねてスウェーデン

北部のルレアと言う町に

家族で、1か月ほどいました。

 

初めての白夜。

真夜中も夕方って感じ。

夏は24時間、陽が沈みません。

散歩道にはシカもいた。

静かで、実に大人の国。

 

その国立公園の一角にあるホステルに滞在。

オール電化型キッチンもあり、快適でした。

 

ある晩、夫が、そのキッチンでを焼いのです。

で、もうもうと、煙があがり、立ち込めちゃって。

あっという間に、

 

リーーーーーーン、リーーーーーーン

リーーーーーーン、リーーーーーーン

 

いきなり、大音量アラーム!

 

ーやば、早く消して。

ー窓開けろ!

 

やがて鳴りやんだので、

さあ食べようかと、みんなで食卓に着いたとたん

 

 

ウーーーーーーー~~

ウーーーーーーー~~

 

 

けたたましい、大きなサイレン音が。

みると、目の前の窓の外に、真っ赤な消防車。

しかも、スウェーデンの消防車、でかい!

いかつい男性がさっそうと降りてきた。

 

FIRE???

 

 

 

(写真はイメージです)

 

 

アラームからわずか3~4分くらいでしょうか。

なんと素早い!

まさかそんなに早く、消防車が来るなんて。

 

ここは、福祉国家スウェーデン

安全安心の国なんだと実感したものです。

 

取り合えず、謝って謝って、、、

帰っていただきました。

 

ここのホストさん夫婦。

奥さんがサバサバしてて、愛想がない。

でも、なんとなく長い滞在で仲良くなり

スウェ―デン語も教えてもらったり。

で、こっそり聞いてみた所

タバコを吸ってその煙が出たとしたら

罰金が科せられたんだそうです。

宿泊規約にはっきりと禁煙と書いてありました。

夫は全くすいません。

 

その疑いは晴れてたので

ーあなたたちは、注意だけで済んだのよ。

って。

 

 

それ以来、宿泊施設での調理は煙に気を付けています。

というか、もっぱら旅がらすセットはこれだけですけどね。

 

 

 

 

我が家も、火災報知機は数年前に設置要請があり

2基つけてあります。

まだ、一度も鳴ったことはありませんが、

火災はキッチンでもっとも起きているので

気をつけないと。

 

 

それでは、Saludos!!!

 

 

ご訪問ありがとうございます。

ポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 saludos60のブログ - にほんブログ村