saludos60のブログ

ついに60代になりました。いいことも悪いことも一日一日を楽しんで暮らしています。

畑は夫の芸術作品だった。

かつて、スウェーデンに滞在したとき

その芸術の在り方に感動したものです。

とにかく、アートと言うものがもうそこらへんに

ちりばめられている。

 

 

道、家、窓、木々などの風景

生き様が伝わる住まい

シンプルなリビングやキッチン

さりげなく飾られたもの

いたるところに。

決して気取らず、自然なかたちで。

 

そして、

家と言うものがどういうものなのか

 

深く考えさせられました。

凝った造りなどをした自分の家が

バカバカしく思えたりして。

 

何もいらないんですよね。

そこに住んでる人が大事。

どう暮らすかが大事。

 

センスの良さ

生きる術

ものの価値観

全てがハイレベルで、

ぐいぐい引き込まれたのです。

 

それ以来、

芸術は、人の心にある

日常の、すぐそこに

身の回りに、普通にたくさん転がっている

自分の目の前に、後ろに

そんな風に思っています。

高いお金を払って

特別な人が楽しむものではないってこと。

 

 

桐の花が超満開


 

夫は、久しぶりに教える仕事に出向きました。

私からの出がけのアドバイス

 

誠意をもって、何でもやってね。

誠意はかならず伝わるから。

何事もいい加減にやらないで。

 

偉そうにそう伝えました(笑)

もちろん

分かってる

って。

笑ってました。

 

この年で、人の役に立てるのは幸せなことです。

損得を考えない

ダメでも失敗でも

ちゃんとやること

経験が自分の土台です。

いつか結果はちゃんとついてきます。

教えることは、伝える事。

相手の隠された能力を引き出してあげるお手伝い。

そして、自分も学べるのですから。

 

 

見送って庭に出てみると

 

おおッ!

 

発見がありました。

 

庭の夫の畑です。

 

夫の人生観、芸術観が

そこに詰まっていました。

 

 

畑が、アートそのものに思えた(笑)

 

 

竹で作った自家製ほうき

 

自家製竹垣

反対側もがさらにぐるーーっと



いちじくを育ててる

 

スーツケースパクチー

 

レタスモザイク

 

 

大好きなセージも (まだ苗)

 

 



収穫や手入れはほぼ夫がやっていて

嫌いではないけど、私は庭いじりはほぼしません。

それをいいことに、庭は夫のやりたい放題。

春は、耕すのに一苦労って。

最近、本業してないじゃん

って思ってたら、畑がもはや彼の生きがいか?

そして、それを愛し楽しんでいる!

 

畑を見て、すぐわかりました。

やはり、作る事って、楽しいんですね。

これが、彼の芸術。

 

帽子をかぶって、いつも夫がやってる、収穫の仕事を。

いただきますね~~

っと独り言を言いながら、たくさん採りました。

レタス、パクチースナップエンドウ、春菊。

これを、毎日食べる人の顔を想像しながら

つまんでいたのかと思います。

 

やっぱり外は気持ちいいですね。

時々、お昼を外テーブルで食べるのですが

暑くなる前に春を楽しまなくては。

 

 

 

そして、庭を歩いていて、ふと思い出す

北欧の旅

欧州を訪ねたい衝動にかられます。

参加したい趣味のイベントはもう目白押しで、

コロナ前に戻りつつあります。

誘惑もたくさん来るし。。。

そろそろ、出かけたいですね。

あと、、、もうしばらくの辛抱で。

旅の虫が、騒ぎだしています。

 

それでは、Saludos!!!

 

 

 

ご訪問ありがとうございます。

ポチっと押していただけると嬉しいです(^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 saludos60のブログ - にほんブログ村