saludos60のブログ

ついに60代になりました。いいことも悪いことも一日一日を楽しんで暮らしています。

とんぺい焼きって、どういうの?

おたふくソースとんぺい焼き

と言うのを3袋買いまして。

昨夜はいよいよ出番に。

 

 

 

 

 

 
 
 
ところが、みんな口をそろえて
 
とんぺい焼きって、なあに?
とんぺい焼きってどんなの???
 
どこかのお店のメニューで見たことがあるのを
ふと思い出したのですが
どういう料理なのか、良く分かりません。
お好み焼きのような、オムレツのような?
 
とん平って、何のこと?
開発した人の名前?
ぺいって名前古い人だよね?
いや、トンってもしかしてブタ?
 
憶測はどんどん広がり、がまんできなくなり。
ちょっとググってみました。
 
とん平焼き・豚平とんぺいやき)は、鉄板焼きの一種。 関西のお好み焼き屋・居酒屋などに多い。 発祥は、戦時中にロシアの捕虜になった『本とん平』(大阪市北区)の店主が、現地の兵隊が食べていたものを参考にして出したもの。 とん平焼の語源は豚を平たく焼いたものから。                             
 
 
へーーー
すごい歴史があるんですね。
これは、食べて見たくなってきました。
 
と言うことで、早速夫が作り方を検索。
したのですが、、、
結局は、個人のやり方があるようでいろいろな作り方が出てきます。
中でも卵を先に焼くか、後で乗せて焼くか、とか
粉を使わず卵だけで焼くとか。。
オリジナルで美味しいものを追求している感じです。
 
つまり、進化している!
作り方に、決まりはない!
 
と、理解。
結局、自分のやり方にしようと落ち着いたみたいで
ふつうの、お好み焼きって感じになってしまいました。
 
 

 
ちょっと違ったのは、形を折ってみたことくらい?
卵は1枚に一つと奮発。
これに、紅ショウガ、青乗り、鰹節、マヨネーズ、オタフクソースです。
トローリと言う感じではありませんでしたが、
パリッとした食感で、キャベツが美味しかったです。
味は、ふつうのお好み焼きでしたが。
 
 
この
いろいろな呼び方、焼き方がありますね。
地域によっても、一味違いますね。
モダン焼きとか、広島焼きとか。
もんじゃ焼きも似てるし。
 
子供の頃、もっとぺったんこで
チヂミのようなものを父が焼いていました。
かならず、干しエビとネギがはいってました。
そう言えば、これも、予科練時代(兵役に入る前の学校)に
作って食べたとか言ってましたね。
父の歴史の一部だったのでした。
 
 
夫が焼くのは、いろいろ長年研究したらしく
ちょっとふっくらした、関東風
いい感じです。
 
せっかく、プレートを出したので、あとは焼きそば大会になり
お腹も一杯。
 
そしてデザートは、これ。
いよいよ、水ようかんの季節です。
大好きな抹茶の香りがたまりません。
 
 

 
 

 
 
 
それでは、Saludos!!!
 
 
 
ご訪問ありがとうございます。
ポチっと押していただけると嬉しいです(^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 saludos60のブログ - にほんブログ村