saludos60のブログ

ついに60代になりました。いいことも悪いことも一日一日を楽しんで暮らしています。

ちょっとイラッっとした!市役所で。

市役所でのいくつかの手続きの話です。

 

f:id:saludos60:20220116142926j:plain

 

もうかなり前ですが、子供の医療費が無料になったころ。

市役所の健康保険課で、申請に行ったときのこと。

 

あんまり、使わないでくださいね。

 

って、年配の女性の担当者に言われました。

は?あんまりって、、、、?

初めての申請ですよって言ったら

 

ああそう。ならいいんですけど。

何回も行く人がいるから。

 

こんな言い方をされたら、申請するのさえ躊躇してしまいますね。

タダだと思って、何回も必要ないのに子供を医者に連れていく親がいるとでも思ったのでしょうか。

行政は、冷たいんだ。

そう思わざるを得ませんでした。

 

ここの健康保険課、保険料とっくに支払っているのに、督促状が来たこともあるんです。電話して、領収証みて、何度払ったと言っても、

 

いや、だから、それは違う月の領収書でしょ。

うちが間違えるわけない。

 

って。

はあ??この町の市役所ってやばいんじゃない?

もう腹が立ってケンカになりました。

そうしたら1時間後電話が来て、

 

おっしゃる通りでした。

 

でおわり。時間も労力も電話代も無駄に使って、謝りもしなくて。

もう市役所は信用できない、っと当時、真剣に思っていました。

都会に住んでいた時の方が事務的でしたが、間違いはなかったですね。

当時は、田舎の方が、ナーナーでいい加減、横柄な態度でした。

 

ここ数年、何回か手続きなどで足を運びましたが、さすがに税務課だけは、間違いもなく、多分一番優秀で、対応も完璧だったと思います。

息子が転入した時も、いろいろな計算が完璧で、とてもわかりやすく安心でした。

マイナンバーカードを作った時も、頭の切れる担当者で、脱帽でした。

 

 

f:id:saludos60:20220116143406j:plain

 

 

ところが!

最近またまた、信用失墜。

マイナンバーカードの、なんとか暗証番号更新手続きに行ったときのこと。

市民課で、受付順番番号をもらい、呼ばれて手続き中のことです。

 

少々お待ちくださいね。

と、アテンドの良い若い女性の担当者が席を立ちました。

 

すると、その奥にいた職員の男性が、

久しぶりじゃん。〇〇ちゃん。

っと言って寄って来たのです。

 

ー誰この人????

 

と思ったら私の横に座っている男性に、話しかけてきたのでした。

 

ー何だ、知り合いか

 

そう思っただけでした。ちょっとあいさつに来たのか、と。

でも、この中年男性の職員、立ったままで

 

〇〇会には、行った?

今何やってる??

俺さ、今、釣りに凝ってるんだ。

昨日も、〇〇の〇〇〇川まで、行ったんだよ。

今度、一緒に行かない??

車乗せて行けるからさ。

などなど、どーたらこーたら。。。。

 

延々、エンドレスで、話し続けるのです。

用事で来た相手の男性の方が、気を遣って、小声で受けてる感じ。

10分以上やってましたね。

 

はーまたか~

 

っと思いました。仕事中にこんなプライベートな話する???

誰も聞いてないって、私が聞いてるんです!

しかも、番号持って待ってる人、後ろに数人座ってるし。

 

思わず、注意しようかと思ったのですが、さすがに言いにくい。

夫なら、ズバッと、昔からこういう時言ってしまうのですが。

帰りに、受付にいた年配に職員の方に、一言

ーあの方ですけどね~~

っと言ってしまいました。

だってまだ立って話してましたから。。。。

 

申し訳ありません。よく注意しておきます。

 

って。

さすがに受付は、経験豊富な年配の方で正解ですね。

 

f:id:saludos60:20220116143930j:plain

 

これだけなら、

なんだかなーーー!

っと思う程度ですが、もう一件続きました。

 

 

先週のことです。

今回は手続きで、同じ市役所の建設課へ。

家の敷地のほんの一部に、元水路だった部分があり、その使用許可更新手続きでした。

かつては、1年数百円の支払いでしたが、今は確か無料です。

海外にいて、手続き出来ない時は、前もって払っておきたいと言っても

 

ダメです。できません。

 

っとまったく融通が利かず、仕方なく友人に頼んでいたのです。

これだけネット社会になっているのに、まったくーです。

簡素化できないから、どんどん面倒な仕事を増やしているんじゃなかろうかと思いますね。

この申請も、更新時毎回毎回、現場を写真撮って張って提出。

もう、超めんどくさかったのですが、今回は更新申請書類と、前回の許可証コピー提出のみでした。

カンタンにしてくれたのなら、返信用封筒くらい入れておいて欲しかったのに。

 

 

受付で聞くと、建設課は上の〇階の13番。

 

市役所って、1Fは、市民課など来る人が多いのでアテンドもすごく丁寧です。

上の階になると、しーーーーん。です。

建設課の前にズカズカっと、取り合えず行ってみたのですが、しーーーーん。です。

待っていても、

 

誰一人、アテンドしてくれる人が来ない!

 

近めの席の男性が、ほんの少し顔を向けて、チラ見するだけ。

感じ悪い。

1Fとは、雲泥の差のサービス精神。

 

なにこれ??

 

と思ったのですが、2~30秒は、黙って立って観察してました。

でも誰も見てくれない。迷惑なの?

気づいてるのか気づいていないのか。

気づいてますよねーー

 

あ、面倒くさいなー

なんかおばさんが来ちゃったよー

と言う感じでしょうか。

 

少し切れかかってくる自分を抑えて、

よし。

 

すみませーーーーーーーん!!!

 

 

私にしては、かなり大きめの声で思い切って言いました。

鶴の一声。

 

f:id:saludos60:20220116150136j:plain

 

すると、10人はみんな焦り気味で、パッと顔をあげて。

今気づいたような顔をしていました。

近い席の男性一人、そそくさとやって来て。

担当の方この方です。〇〇さんって人。

と言うと、あわてて、その人もやってきました。

あの、ファミレスにあるような、チンってなるベル。

テーブルにおいておけばいいのにね。

 

車に戻り、夫に、

私としては、かなり大きな声出したんだよ。

ことの流れを話し

 

あー、すっきりした!

と言うと。

 

よく、やった!!!

褒めてくれました笑

 

市役所の方、しっかりお願いしますよ。

信頼される市役所になってくださいね。

 

それでは、Saludos!!!

 

ご訪問ありがとうございます(^_-)-☆

ポチっと押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

saludos60のブログ - にほんブログ村