saludos60のブログ

ついに60代になりました。いいことも悪いことも一日一日を楽しんで暮らしています。

映画館でびっくりした出来事。それでもやっぱり映画が好き。

初めての映画館は、9歳の時でした。

 

saludos60.hatenablog.com

 

その後、若い頃、と言っても17歳ころからですが、映画にはまっていました。

週1で、映画館に通って観てた時代もありました。

すべて洋画です。

 

料金も安かったですね。学割もあったし。

300円とか、500円とか。700円とか。2本立てで数百円とかもあったり。

時間があれば、ぶらっと、友人と、あるいは一人で。

試写会も、よく学校の帰りにこっそり行ったものです。

大人になる過程の、人生勉強は、まず映画でだったかもしれません。

 

 

f:id:saludos60:20210914170558j:plain

 

ちなみに、夫と、初めて見た映画は、「逢びき」 1945年作 デビッド・リーン監督)

ちょうど銀座で、古い映画を上映してたんですね。名作でした。

とても切ない映画でした。

夫は、半分寝てたみたいでしたけど(笑)

 

 

 

 

映画の内容とは違いますが、若い時、こんなこともありました。

あるとき、少し場末な映画館でアマデウスを一人で、観に行った時のこと。

始まってから1時間くらいして、私の隣の席に、ある中年の男性が座ったんです。

スーツの上に、トレンチコートを着ていました。

しかも、すごくドサッ、っという感じに、わざとらしい音を立てて。

 

えっ、まじですかーー

やだなーー

 

映画を観ながらですが、少し、慌てました。

だって、席、ガラガラなんですよ(恐)

 

わざわざ、私の隣に座ります? 

一つあけて、座ってもよさそうなものを。

 

寒い季節だったので、あったかいマフラーを足にかけていました。

隣の席に移ろうかと思ったのですが、まあ様子を見ることに。

何事もなく、3時間弱の、終盤に差し掛かったころ。

実は、トイレを我慢できなくなった私は、席を立ちました。

 

そして、戻った時は、離れた席を見つけて座りました。

やれやれ、ココなら安心。

 

と思ったのもつかの間。

 

その10分くらい後、また、その男性が私の隣の席に!

また、ドサッと、座ったんですよーーーー

 

えーーー!

なんで?

こわー!

この人痴漢かも!!!

 

もう、警戒心マックスに。ドキドキ。。

でも、アマデウスは、最後のいい場面でして。。。。。。

 

目が離せない!!!

 

 

で、結局映画のほうを優先してしまったんですね。

本当は、こういう時は、さっと逃げるべきですよね。

 

ついに、映画が終わって、字幕になった時。

さすがに、恐くなって、字幕を最後までは観ず、席を立ちました。

 

その時です。

見てしまったんです。

 

その男性、スクリーンを見つめたまま

泣いていました。

感動の涙?

目が濡れてて。

静かに、泣いてました。

 

f:id:saludos60:20210919105832j:plain



なんだ、ただの映画通だったの?

 

でもなぜ??

席を変っても、私を追いかけてきて隣に座ったの?

今でもです。

人生、謎が多い。

今でも覚えているんだから。

 

一緒に、映画を見たかったの?

でも知らない人と、そんなことしないですよね。

やっぱり、ダメでしょう。

気をつけないといけません。

 

それ以来、一人で映画館に行くときは、用心するようになりました。

スカートは履かないで、なるべく男っぽい格好で行くとかですけど。

 

 

当時、夢に出てくるくらい、好きだったのは

ロバート・レッドフォード と、メリル・ストリープ

 

Out of Africa(原題)

愛と哀しみの果て(日本題)

なつかしいです~原作も読みました。

 

 

 

f:id:saludos60:20210914173717j:plain

 

映画は、美しくなくては映画じゃない。

 

 

最近、映画館に全然行っていません。

しっとりとした、良い映画を観たいです(^^♪

それでは、Saludos!!!

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村